カーリース

リースカー比較表


リースカーの資金的メリット

メリット項目 内容
資金にゆとりが生まれます。 リースは、車両代金や税金・保険・諸費用等、一時に多額の資金を必要としない。また、リース料は車両の残存価額を差し引き算出されるため、購入時に比べてその分だけ資金負担が軽くなります。
資金の効率的運用ができます。 車を購入(所有)すると自己資金が固定化されます。リースを利用し、その分、資金を節約すれば営業資金として活用でき、またその間運用益をあげることができます。
100%融資を受けたのと同じ効果があります。 リースは、通常の金融に対して物融という性格があり、銀行から多額の融資を受けなくても希望の車種が調達できます。これは100%の融資効果といえます。
計画的に無理のない支払ができます。 リース料の支払額は毎月一定額であり、資金計画に合わせて契約期間を定めれば無理のない支払が可能となります。
財務比率を悪化させず、また借入枠が温存されます。 購入のために資金を借入すれば、企業の借入枠や資金の調達力が低下し、固定資産の増加とともに財務比率が悪化しますが、リースの場合はリース料という経費の支出だけで済み、借入枠も温存でき財務構成も変わりません。
リース料は経費として損金処理ができます。
(オペレーティングリースを前提)
毎月のリース料は税法上必要経費(損金)として経常利益から控除することができ、リース車両を何台使用しても課税対象になりません。すべて経費で処理できるため合理的節税効果があります。
リース料が毎月一定のため諸計画が立て易く、輸送コストの把握、原価意識の向上につながります。 自動車を所有した場合の車両関係経費は減価償却費、整備費用、諸税、下取処分価格等台当り車両コストを明確に把握するのは困難ですが、リースなら毎月定額支払のため資金計画、利益計画等が明確となり、適格な経営効率の判断が可能です。

車両の維持管理・保険と事故に関する業務(削減されるメリット等)

  車両の維持管理に関する業務 保険と事故に関する業務







1、車両維持費・請求伝票などの集計業務
 a.固定費(各種税金・保険など)
 b.変動費(オイル・定期点検・一般整備・修理費・部品代・板金塗装等)
2、走行距離数チェック・集計・運行管理
3、メンテナンス工場・修理工場との各種折衝業務
4、定期点検・整備・修理等指示伝票作成
5、各種税金の照合、納付手続
6、車両管理台帳の作成・記入・集計
 a.車両維持費の計上業務
 b.車両稼働率・効果測定資料作成
7、車検手続業務
 a.車検時期指示、メンテナンス工場手配
 b.納税証明書の受領及び交付
 c.維持検査申請書の作成業務
 d.車検費用、保険(任意・自賠責)の更新手続、請求書受領
1、自賠責・任意保険台帳作成と更新手続
2、保険会社への保険金請求手続と折衝業務
 a.自賠責支払請求書作成
 b.各種書類の完備と送付
 c.保険金額(査定金額)の折衝
3、事故車両の修理・板金等見積作成指示
4、示談交渉、具体的アドバイス
(示談介入、弁護士依頼)
5、代車手配、請求書のチェック、支払手続
6、車両廃車手続業務
 a.税金完納証明
 b.所有権解除書類作成







1、固定資産(車両運搬具)計上業務
2、車両維持費の集計、伝票検査
3、買掛台帳記帳
4、定時支払・集計・報告・決裁
5、各種税金の納付手続
6、決算時の諸業務
 a.固定資産・減価償却の計算
 b.償却手続、経理上の処理業務
 c.車両棚卸業務
 d.固定資産税計算及び支払業務
7、減価償却過不足の調整業務
1、示談成立までの保険金立替、精算
2、代車費用等の支払起票及び支払


使







1、車両稼働状況の把握
    車両台帳記入集計・報告業務
2、車両の整備・修理など維持管理に関する指示及び搬入
3、オイル・部品などの変動費用の請求書受領、経理・総務担当への送付・報告
1、事故の際の指示手配業務
2、事故車両の修理作業等指示及び報告業務